シェアする

アップバングの作り方 メンズ

春になりましたね。

新学期、新入社、転勤などで新たな生活を歩み出す方も多いですよね。

axisでは学生のお客様に来ていただいております。

その中でワックスの付け方はわからないということを多くお聞きします。

カットさせて頂いときはワックスの説明させて頂いております。

今回ご説明させてスタイルはこちら

前髪を上に立ち上げたアップバングスタイル。

おでこをだすことにより、男らしさが引き立ちます。

お顔がでることにより社会人の方は、清潔感でます。

学生の方はおでこにできやすいニキビを軽減させるのにおすすめです。

ご説明していきます。

先程のモデルさんよりちょっと横が長いですが。

こういうようなイメージです!

今回使用するワックスは

アリミノ フリーズキープワックスです。

ピースシリーズの中で一番セット力が強く、束感出しやすく、

マットなドライな質感を作りやすいワックスです。

今回のワックスのつける量はこれくらい。

小豆2こ分

(髪の毛の長さや毛質によって付ける量は変わります。)

よーく手のひらに伸ばします。手の裏側にはつけないでいいです。

つけるポイント

 part1

後ろのツムジ後ろくらいからつけて上げてください。

日本人の骨格は後ろがボリュームでにくい方が多いので、ワックス量が

足りなかったりすると、後頭部ののボリュームを出したいところがぺたっとしてきます。

そしてつむじ前

前髪としてつけていきます。

この3箇所はボリュームをつけたいところですので、上からなでつけるようにつけるのではなく。

髪の毛の内側から上に持ち上げるように、つけます。

地肌にはつけないでください。

ボリュームをつけたいところは大胆に動かしすぎたなと思うくらい動かして大丈夫です。

よーく動かいたいところにしっかりなじませるのが重要になります。

part2

次にそのまま手に残ったワックスでサイドの毛につけていきます。

この頭のハチ周り部分に関してはあまり内側から上に持ち上げるのではなく、ボリュームを少し抑えてあげるイメージでつけます。

するとトップには立ちあがり、ハチ周りはタイトめに仕上げることにより、スタイルにメリハリが生まれます。

また、ハチ周りが髪の毛が膨らみやすい方にはおすすめです!

バックの下もメリハリをつけるためにタイトにつけます。

そうすると後ろ見たときに頭に立体感が生まれて、キレイにみえます。

part3

あとは先程ボリュームをつけて動かしたところは少しずつ治してあげます。

手でやりづらい場合はコームとかつかってもいいと思います。

髪の毛が立ち上がりがつきにくかったり、すぐにぺたっとする方はヘアスプレーをおすすめします。

Before

After

今回はアイロンは使っておりません。ドライとワックスです。

写真だけでしたので、ゆくゆくは動画版もつくっていきますので、乞うご期待ください。

何かわからないことがございましたらLINEにてご回答できます!

LINE@にてご予約、髪のご相談できます。サロモお問合わせも。コチラから
友だち追加

ウェブ予約はこちらから

The following two tabs change content below.
住友康太 axis Stylist 北海道札幌市中央区円山の美容師。 自分自身クセがあり、クセのある髪質のカットが得意です。 髪に対する疑問やお手入れの仕方など疑問を少しでも解決していただけるようにブログを通じて、情報を発信しております。