シェアする

日帰り東京 吉野さんのドライカットのモデルとして。

おしゃれを愛するみなさんご機嫌いかがでしょうか?こうたです。

ちょっと間が空いてしまいました。。すいません。

今日は日帰りで東京に行っておりました。

東京はあったかいですね。気温が10度台です。北国とは違いますね。

雪がないのがとってもうれしいです。

移動の時間でいっぱいいっぱいだったので六本木の東京ミッドタウンでちょっとふらっと歩いたくらいしか観光はできませんでしたが、目的はそれではなくです。

渋谷の広尾へ。

吉野さんのNYドライカットのモデルとしてです。
アクシスで1ヶ月前にドライカットでしてもらったのですが、そこから1ヶ月経のびてきて、どのように変化していたかをカットにカウンセリングとして先生である。

白いシャツを着られているEIJIさんに教えていただきながら、勉強されていました。

ドライカットとは

通常のシャンプー・トリートメント後に

ドライヤーで乾かし、通常のカットより、薄い量をだして、ブローしてしっかりクセをのばして、

ストレートアイロンでしっかりのばして、カットしていきます。

髪の毛を点で切っている感覚になり、クセがある方、ボリュームがでにくい方、生え方により収まりが悪い方、骨格補正など、様々な効果を出すことができます。

EIJIさんに教えをいただきながら実際にハサミを入れていただきました。

東京の美容室で皆さんあつまっていたのですが、店の規模的にはアクシスと変わらない大きさの美容室でしたが、実際にカットして習う方、見学のみの方、モデルさんを含めて軽く20〜30は普通いました。

皆さん本気でうまくなりたい、ドライカットを会得したいという熱い思いをひしひし感じました。

ドライの状態で、髪の量を減らすのに、スライシングで量を減らしていくと、毛質によったり、ハサミの相性によっては毛がひっかかる感じがよくあったりするのですが、

EIJIさんのカットはそういうのが全然感じず、毛をひっぱるテンションも全然はいっておらず、しっかり髪を切られていることを感じていなかったら、切っているのか、切っていないのか全く感じないような感覚でした。

僕ももっとカット技術を高めて、習いたいと思う技術です。

2時間半から3時間吉野さんに切っていただきました。

長さも短くなり、トップもふんわり、丸く収まり、とってもすっきりしました。

本当にありがとうございました。

美容って本当に尽きないと思います。

習いに来ている方の熱意をとっても感じたので、僕自身も終わりのない技術を高めていきたいと思います。

僕が先々週に静岡のカット合宿のこともまだ記事化できていないので、そのうちアップしてきます。

The following two tabs change content below.
住友康太 axis Stylist 北海道札幌市中央区円山の美容師。 自分自身クセがあり、クセのある髪質のカットが得意です。 髪に対する疑問やお手入れの仕方など疑問を少しでも解決していただけるようにブログを通じて、情報を発信しております。