シェアする

11月なのにもう冬 乾燥は髪の毛の天敵 髪の毛乾燥対策 札幌版

おしゃれを愛する皆さんご機嫌いかがでしょうか?コウタです。

20161111120306.jpg

髪の毛を伸ばしています。特に前髪。

縛っていた時代も2年くらい前にあったのですが、それはそれでそんなに評判よくなかったので、とりあえず後ろはそんなに伸ばそうとは思っておりませんが。

またしても記事が空いてしまいました。これからはちゃんと毎日書きますというといつも期間が空いてしまうので、今回はそういう問答はやめておきます。

今年は札幌は雪がつもりのが早いですね。。。

最近降っていないので、少し溶けてきてますが、例年より早いです。かつ気温の変化により、私事ですが、風邪を引いては、治って、また風邪をぶり返すという事態になっております。

熱はそんなに出ないので、症状が続く感じです。皆さんは体調管理は大丈夫ですか?

また冬なので、乾燥の時期、そして静電気が起きます。

湿気がないので、髪のクセやボリュームが出やすい方にとってはちょっと落ち着く時期。

乾燥を抑えるのに、肌同様に髪の毛にもメンテナンスが必要ですよ。

髪の保湿メンテナンス

  1. 髪の毛を乾かす前に流さないトリートメントを使用する
  2. ドライヤーの行い方
  3. お風呂にて流すトリートメントの時間をおいてあげる
  4. トリートメントメニューを行う。

1アウトバスのトリートメントを乾かす前につけることにより、ドライヤーによる熱で髪の毛の乾かしすぎを防止したり、水分量を保ちながら仕上げてくれます。

ミルク(クリーム)タイプ、ミストタイプなどおすすめです。質感をよりまとまり重視でいくのでしたら、乾いた後にごく少量のオイルタイプでいいかなと思います。

アクシスで扱っている商材ですと、この辺がおすすめです。ジョンマスターのR&Aミルク ドライナリッシュメントデフリザー リトル・サイエンティストのヴェールベールミストjo00140 09011808_57c7f01a5bb5a jmp0008_l

2、ドライヤー 電気屋さんでもたくさんのドライヤーがあり、プラズマクラスターとかオゾンなど各社色々出ています。乾かし方としてまず根本的に、夜乾かす場合、半乾きはNGです。

33-wethair-300x250

人の持つ体温により髪の毛の中の水分の中で菌が発生してしまい、頭皮等にトラブルが起きてしまいます。また頭皮の炎症や匂い、生乾きによる、髪の毛の水分流失にもつながってしまいます。

しっかり乾かすことにより、髪の毛のキューティクルをしっかり閉じてくれます。

それにより、枕などで髪の毛が擦れて、摩擦によるダメージも軽減できます。

アクシスでおすすめのドライヤーはリュミエリーナのヘアビューザーです。

yjimage

髪の毛の持つ水分を保ちながら乾かしてくれるので、熱によるダメージを減らし、水分をたもってくれるので、乾燥対策になります。

ヘアビューザーには白いのもあります。yjimage-1

白いのは一般家庭用。

グレーは業務用となっており、金額も1万円ほど違います。電気屋さんでは白い方しか販売しておりません。(取扱のある電気屋さんでもすべての店舗にはおいておりません)

グレーの業務用のほうが耐久性があり、また水分を保つために役割をはたす、特殊なセラミックの質が白いものより高く、より髪の毛に効果を発揮してくれます。

ネットでも買えますが、ネットで買えるものは全て不正ルートになっており、メーカーによるアフター保証もできません。かなり手厚くアフターサービスしていただけるので、ぜひ量販店美容室でご購入しましょう。

3お風呂でのお時間がとれるのであれば、栄養を入れてあげれるといいかなと思います。

テモイシャンプートリートメント アジュバンリシリーズ ジョンマスターオーガニック ラベンダーアボカド ハニーハイビスカストリートメントがおすすめです。

1999473_fc527d5f85_fix500x300 yjimage-2 yjimage-3 yjimage-4

4アクシスで扱っているトリートメントは髪の毛の内部に浸透させる導入型のトリートメントです。イオグスによるビフォーアフターの映像

+1000円でホームケアの流すトリートメントもついてくるので、ぜひお試しください。

yjimage-6

いかがでしょうか?この長くなりそうな冬。しっかり髪の毛に栄養を与えて、

乾燥に負けない髪の毛を作りましょう。

The following two tabs change content below.
住友康太 axis Stylist 北海道札幌市中央区円山の美容師。 自分自身クセがあり、クセのある髪質のカットが得意です。 髪に対する疑問やお手入れの仕方など疑問を少しでも解決していただけるようにブログを通じて、情報を発信しております。