シェアする

夏スタイルとデジタルパーマのお話

おしゃれを愛する皆さんご機嫌いかがでしょうか?康太です。

いやー夏ですね。。。冷夏といわれている北海道も夏らしくなってきたのでは。

外での作業をしても全然日焼けをしない僕です。男で美白と言われても、嬉しくないお年ごろです。

ここ最近取り組みで特にヘアスタイルの撮影に力をいれております。

hpc_078 hpc_079

アシスタント時代にカラーモデルとしてお世話になったさおりさんに撮影させていただきました。

もともと直毛でボリュームのでにくい毛質に全体的にボリュームが出るように、デジタルパーマをかけました。

パーマがあることで、ちょっとはねてもかわいいスタイルに変化です。

夏は湿度が高くなるので、クセがでやすくなります。クセが強い人は、ストレート、縮毛矯正などかけて、抑える方も増えると思います。

そこを逆パーマでボリュームを出しながら、扱いやすいスタイルにするもいいかなと思います。

デジタルパーマとは、特殊なロッドを使い、そのロッドに電気を通して、熱を髪の毛に与えて、カールかかりを良くしたり、持ちを良くしてくれます。

DCS_1887

ロッド1本1本にコードが繋がれていて、70〜90度近くまで上がります。

そんなに熱を与えたら、髪の毛にダメージになるのではないか?

axisでは、このデジタルパーマに使用する薬は、弱酸性の薬を使っております。

一般的には、アルカリ性なのですが、髪の毛は弱酸性。phの動きが大きくなく、ダメージにつながりにくいです。

僕が店のブログで書いた酸性パーマの記事に詳しく書いていますので、こちらを御覧ください。新メニュー酸性デジタルパーマ

冷夏と言われている札幌ですが、湿度はないわけではありません。

しっかり髪の毛の夏対策をされてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
住友康太 axis Stylist 北海道札幌市中央区円山の美容師。 自分自身クセがあり、クセのある髪質のカットが得意です。 髪に対する疑問やお手入れの仕方など疑問を少しでも解決していただけるようにブログを通じて、情報を発信しております。