シェアする

ドライヤーの熱って痛むんですか?自然乾燥が一番ですか?

お洒落を愛する皆さんご機嫌いかがでしょうか?康太です。

お客様とスタイリングやブローの仕方などのお話をしている時に、よくこういうことを聞かれます。

ドライヤーの熱は痛むのですか?

自然乾燥の方がいいですか?

などです。

結果からお伝えしますと

ドライヤーを使った方がいいです!

まず髪の毛が濡れるとキューティクルが開いた状態です。この状態では、髪の毛が外部のダメージを受けやすい状態です。

そのまま寝ると、髪の毛が擦れてしまったりしてダメージにつながります。

またドライヤーによる熱のダメージのお手入れの仕方次第で変えれます!

パーマやカラーをしている人は、ダメージが受けやすい状態になっているので、流さないとトリートメントを使ってもいいかと思います。



ジョンマスターオーガニックでは、ローズアロエミルク



ドライヘアナリッシュメント&デフリザー



オーガニック以外ではアリミノのBSシャイニングフォームを使ったりしております。

ブライのケラブローもオススメしております。

先ほどお伝えしたように、濡れている状態だと、キューティクルが開いた状態なので、流さないトリートメントも浸透していきやすです。また、トリートメントをしっかりつけた後は、粗めのクシで髪の毛をコーミングすると、より浸透力しやすくなったり、

もし時間があったら、少し髪の毛を揉み込んであげてもいいです!

気をつけたいのはオーバードライ(乾かしすぎた状態)

髪の毛には水分を普段から含んでおります。乾燥させすぎると、髪の毛の水分量がなくなってしまいますので、よくありません。

ドライヤーはあんまり近づけすぎない。15~20cmほどドライヤーから離して乾かす。

熱風で大体7〜8割ほど乾かして、まだほのかに水分が残ってる状態から、冷風に変えてドライしてもいいです。

冷風で冷やすとキューティクルも閉まるので、ツヤが出たり、まとまりがよくなったりします。

僕のこんなショートヘアーでも使っております!とはいっても、僕はすぐ自然乾燥でも、いけそうですが笑

なぜこんな短いのに必要なのか。

一番の問題は髪の毛が長さが出てくると、特に必要です。

例えば、

お風呂から出て、乾かすのを中途半端にして、

根本の部分(頭皮に近い部分)が半乾きの状態のままで、寝たとします。

だいたいの人は枕を使うと思います。

枕に接地している頭皮の部分は、まだ濡れています。濡れているところは、蒸された状態になります。そして、僕たちは体温があり、36度くらいあります。細菌が繁殖しやすい温度です。菌が繁殖した状態のまま数時間ねることになります。

すると、翌日、個人差はありますが、お風呂入ったのに、かゆみを感じたり。

頭皮の色が赤くなったします。。

せっかくお風呂で頭も洗って清潔にしたのに、これでは台無しです。

頭皮の育毛にもよくない影響を及ぼします。

短い方、長い方特に根元の部分はしっかり乾かしましょう!

フケやかゆみ、頭皮からの匂いが出てしまうので。

短い方で自然乾燥なら頭皮がしっかり乾いているか確認してから寝ましょう!

頭皮トラブルやお子さんの頭の匂いなど気になることがあったら、しっかり乾かしてあげましょう。

_________________

北海道札幌中央区円山 hairaxis stylist

http://hair-axis.cc/ 011-616-3173

僕のHP 僕の作品やフォトあります

http://kotasumitomo.vivian.jp/

ネット予約こちらから

http://hair-axis.cc/news_15.html

僕の過去のブログ(axis)

http://blog.hair-axis.cc/?cid=51130

僕のLINE@アカウント こちらからもお問い合わせできます

友だち追加数

The following two tabs change content below.
住友康太 axis Stylist 北海道札幌市中央区円山の美容師。 自分自身クセがあり、クセのある髪質のカットが得意です。 髪に対する疑問やお手入れの仕方など疑問を少しでも解決していただけるようにブログを通じて、情報を発信しております。